menu

大阪城公園での野鳥撮影をはじめました

2021年5月1日 /

私は大阪市内に在住し、大阪京橋(OBP)にあるコワーキングスペースを活動の拠点としています。OBPまでは森ノ宮から大阪城公園を通って通勤していて、2020年2月以降、その通勤時間を利用した野鳥撮影が朝夕の日課となっています。
ほぼ毎朝、1〜2時間程度はカメラを片手に大阪城公園を散歩しながら鳥の写真を撮っています。

大阪城では通年見られるシジュウカラ、コゲラ、エナガ、ムクドリ、スズメ、ハト、カラスの他、季節の渡り鳥も観察することができます。

インスタで日々の野鳥写真をアップしています

撮った写真はこちらのインスタにアップして、大阪城公園の野鳥の自然な姿を紹介しています。

大阪城鳥見ツアーを開催しました

そんな趣味が高じて大阪ローカルメディアが主催する野鳥観察イベント「大阪城鳥見」でもガイドをお手伝いしました。

イベントの概要はこちら

https://bochi2.peatix.com/

ご希望の方には、写真撮影レッスンも行います

写真がうまくなりたい、カメラをもっと使いこなしたいという方に、ご希望の合わせた個別レッスンも行っています。
講義形式ではありませんので、一緒に野外に出て、実際のカメラを使いながら分からないところを説明します。

  • カメラとレンズの基本知識
  • ピントの合わせ方
  • 絞り・シャッタースピード・ISOで露出を調整
  • 構図とアングルの決め方
  • 光の向きなど
時間1回2時間まで
日程ご希望の日程をご相談ください
料金8000円(税別)

https://studiobrain.com/contact

私が使う機材

ボディ:SONYのフルサイズ機種でも、高画素対応な α7Riii(4240万画素)を使用しています。SONY
レンズ:望遠レンズは機動性を求めて、400mm以上で最も軽量な SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary(1140 g)を愛用しています。

私の場合は特に通勤途中ということもあるので、荷物はできる限り少なく、三脚等も使わずに手持ちで撮影するというスタイルです。

過去には、野鳥撮影の定番SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G(2115 g)も一時使用しましたが、やはり通勤途中に持ち歩くには重すぎるので実用性を考えてやめました。

使用機材の相談や入門機材に関しても、ご相談いただければお答えさせていただきます。

最後に

私が写真を好きな理由は、言葉では伝えられないその場の臨場感や躍動感を伝えることができ、映像よりもシンプルで自分が切り取ったその瞬間を一目で伝えることができるからです。

そんな写真を撮るのも、見るのも好きという方が一緒に写真を楽しめる小さなコミュニティになればと考えています。