ABOUTabout

大阪生まれ、大阪育ちの47歳(昭和46年生まれ)。
カメラマンだった父の影響で、幼い頃から写真に親しみながら育つ。学生の頃には、父の写真スタジオで助手をしながら、写真を学ぶ。当時はまだフィルムカメラだった。

大学を卒業してから一度は就職したが、会社が自分に合ってなくて、フリーランスの道を志す。しかし進んだのはカメラマンではなく、Webデザイナーだった。29歳で独立し、これまで18年間、Web制作を生業としてきた。現在もWeb制作の業務は続けている(Webサイトはこちら)。
写真は、Web制作でも必要なので、これまで自分で撮影することもしばしば。家族や友人を撮影する機会も多く、写真歴は11年ほどになる。

日本の元年が令和となった2019年、本格的に写真の仕事を始める。
きっかけはWeb制作を始めた時と同じ。私の人生で仕事に対する基本的な考え方は、「自分にできるもっとも得意なことを生業に」、それはつまり自分の技術を磨き、それを提供した人の役に立つこと。これが人生でもっとも幸せだと感じている。

実は4年ほど前から「ぼちぼち」という大阪ローカルメディアで、私は写真と映像を担当している。そこで大手メディアが取り上げることの少ない、大阪の貴重なイベントを取材しているが、そんな自分の写真をもっとも必要としていると感じるのが、この大阪という日本のローカル地域でのイベント撮影だった。どんなに素晴らしいイベントが開催されていても、それを伝えるメディアがなかったり、写真をとるカメラマンがいない状況で、メディアが写真で伝えることの大切さを知る。

そんな想いから始まった私のカメラマンとしての人生、回を重ねるごとに理想とする写真が撮れるようになり、今はとても楽しく撮影の仕事ができている。このきっかけをくれた方々にはとても感謝している。
これからも皆さんに喜んでいただける写真や動画を提供できるように、日々精進していきたい。

Born in Osaka, 47-year-old Osaka-born (born 1972).
In my father’s influence as a cameraman, I grow up familiar with photographs from an early age. When I was a student, I studied photography at the same time as an assistant at my father’s photo studio. At that time it was still a film camera.

After graduating from college, I found a job once, but the company is not fit for myself, and I want to go freelance. But it wasn’t the photographer who advanced, but the web designer. He became independent at the age of 29 and has been working on Web production for 18 years. We are still working on web production (website is here).
Photos are also necessary for web production, so I often shoot myself. There are many opportunities to shoot family and friends, and the photo history is about 11 years.

In 2019, when the first year of Japan became a peace, I began to work on photography in earnest. The opportunity is the same as when I started Web production. The basic way of thinking about work in my life is to “do the best I can do to live” , that is, to improve my skills and to be useful to those who have provided it. I feel this is the happiest in my life.

In fact, I am in charge of photography and video in Osaka Local Media called “Bochi Bochi”, which has been operating for about 4 years, and I have been covering valuable events in Osaka, which are not often covered by major media. I felt that I needed the most of the photos of this event in Osaka, a local area in Japan. No matter how great the event was held, I wanted to manage the situation where there was no media to convey it or no photographer to take photos.

My life as a cameraman, which began from such a feeling, I can take an ideal picture every time I go on, and now I can do a photo job very much. I am very grateful to the people who gave me this opportunity.
I would like to strive every day to provide photos and videos that will delight everyone.

2019.06 今井 剛