子供のバスケ試合を観に行きました。もちろんしっかり機材を持ち込んで撮影します。この日は70-200mmの望遠と、85mm単焦点、16mm広角で挑みます。カメラは2台体制。
インドアスポーツは、数ある撮影の中でもっとも難しい部類に入ると思っています。被写体とな選手は激しく動くため普通に難しいのに、試合の流れも追わなければ、どの選手を撮影するか検討もつきません。
F1.8なら、SS1/1000秒でそこそこ明るく撮れますが、F4でSS1/1000秒だとISOが高すぎてあまり綺麗に撮れませんから、撮影時は暗めの設定とし、現像で明るくするという工夫も必要です。
ゲームを追いながらも、考えるながら判断することは山のようにありますので、常に頭はフル回転の状態です。
子供の応援とはいいつつも、お父さんはめちゃめちゃいいトレーニングになっているのです。