簡単にできる!お家ごはん料理撮影ouchigohanphoto

我が家のお家ごはんを美味しそうに写真で残したい!お家ごはんのインスタでたくさんいいねが欲しい!そんな想いから私は我が家のお家ごはん撮影を始めました。ほぼ毎日食べる前に撮影しています。そんな我が家のお家ごはん撮影機材と撮影方法をご紹介します。

インスタでお家ごはんをアップしています

食べる前に撮る。

食べる前に撮るので時間が経っては美味しくなくなる。みんなを待たせる事になる。所要時間はせいぜい2、3分が勝負です。短時間でさっと撮れる簡単な料理撮影方法とは。

安定した光を求めて。

昼ごはんならともかく、夜ごはんとなれば、自然光が期待できません。昼ごはんはきれいに撮れるのに、晩ごはんはじょうずに撮れないという事があります。原因は自然光があるかないかです。では自然光が期待でない状況でどうすればいつも安定して、自分好みのいい光で写真が撮れるのか。

我が家のストロボ。

そこで必要になるのがストロボです。我が家で使用するストロボはこの機材です。

GODOX V860IIS 外部フラッシュ本体

強力なリチウム電池で動作するSonyカメラ用ストロボです。料理撮影で安定した光を作るには十分すぎる外部フラッシュです。

https://amzn.to/2QRpBgQ

GODOX TT350S 外部フラッシュ本体

単三電池で動作するミニカメラフラッシュです。小型軽量で安価な為もっともおすすめな外部フラッシュです。

https://amzn.to/37vWXrg

GODOX X1T-S 外部フラッシュトリガー

カメラから離れた外部フラッシュを発光させる為にカメラのホットシューに取り付けて使用します。

https://amzn.to/2OQ3uoq

GODOX製品はいずれも「S」とついているのは、Sony製のカメラで使用する為の製品という意味です。CanonやNikon用もあります。

安価な円形40cmソフトボックス

大型のソフトボックスは、専用のライトスタンドが必要だったり、設置に時間がかかったりするので、我が家ではコンパクトで設置も簡単なこういうタイプを使用しています。

https://amzn.to/2DhBMLH

折りたたみ式のレフ板(白、半透明、60x90cm)

レフ板はいろいろな使い方ができるので、用意しておくとなにかと重宝します。光を加える、光を遮る、光を柔らかくするなど、使い方は様々。

https://amzn.to/2Om1Qf9

外部フラッシュを使った料理撮影方法

ではこれらの機器を使って実際どんな風に撮影しているかについてご紹介します。

一番お手軽、天井バウンズで撮影

解説用の写真と動画を準備しています。

どこでもできる、レフ板でのバウンズ撮影

解説用の写真と動画を準備しています。

自由な角度から光を作る、簡易なソフトボックスで撮影

解説用の写真と動画を準備しています。

プロの領域、ストロボ2台で使用

解説用の写真と動画を準備しています。